【7月発売商品】CROSSZONE CZ-1 世界初、 DSP 技術に頼らないアコースティックな技術を駆使して 頭外定位(前方定位)を実現したヘッドホンを新発売

世界初*1、
DSP 技術に頼らないアコースティックな技術を駆使して
頭外定位(前方定位)を実現したヘッドホンを新発売。

※1 2016 年4 月27 日現在、トライオード調べ

http://www.a-sq.net/item/cz1.html

CROSSZONE CZ-1 2016年7月下旬発売商品 定価 270,000円(税別)

cz1

cz1-2

CZ-1 の主な特長(3つの自然を実現)
1.ART(Acoustic Resonance Technology)による自然な頭外定位(前方定位)を実現
主音源再生用の2 つのドライバーユニット(高音用/低音用)と、逆チャンネルの音源を
再生するもう1 つの専用ドライバーユニットを搭載し、ADC(Acoustic Delay Chamber)
技術を用いて音楽ソースを選ばない自然な音場を実現しました。

2.自然な音質、音域のバランスを実現
主音源再生用の2 つのドライバーユニット(高音用23mm/低音用40mm)には、振動
板にベリリウムコーティング(別紙写真1)を施し、また低音用ドライバーには真鍮フレ
ーム(別紙写真2)を採用することで、低音から高音まで自然な音の再生を実現しました。

3.長時間の音楽鑑賞でも疲れない自然な装着感を実現
従来のヘッドホンは、構造上、頭の大小による側圧の変化が大きく適正な側圧を得るこ
とが困難でした。CZ-1 ではヘッドバンドにマグネシウムダイキャストを採用して変形し
ない構造とし、誰でも一定で最適な側圧を簡単に得られ、長時間の音楽鑑賞でも疲れな
い自然な装着感を実現しました。

その他の特長
1.商品の特長を反映した独特なデザイン
ハウジング内の3 つのドライバーユニットを立体的に配置することにより、独特の三角
形状を持ったハウジングとなっており、ART(Acoustic Resonance Technology)を実現
するためのADC(Acoustic Delay Chamber)をモチーフとしたアイコンが外部にアクセ
ントを与えています。

2.高音質、高解像度を支える専用ケーブル
付属の専用ケーブルには高伝達特性を持ちノイズに強いツイスト構造のOFC リッツ線
を採用しました。アンプ側のプラグから8 芯(4 芯×2)に分離することで、左右チャン
ネルのセパレーションを確保しています。また、ハウジングのコネクター部を防水構造
として空気の漏れによる音質変化も管理しています。
尚、ケーブルは左右どちらにもLR チャンネルが供給される構造のため、ハウジングへ接
続する際にはLR の区別なくケーブルの付け外しのストレスがありません。
※ケーブルは1.5m(モバイル用)、3.5m(リスニングルーム用)の2 本が標準で付属します。

3.安心を保証する日本品質(Made in Japan)
大手EMSメーカーの精密加工技術の粋を集めた部品を、長野県岡谷市の工場で組み立て、
調整を行って品質を保証しています。

主な仕様
形式 :密閉型
周波数帯域 :20Hz-40kHz
感度 :97dB
インピーダンス :75Ω
重量 :約500g(本体のみ)
付属品 :専用ケーブル 3.5m(標準プラグ)
1.5m(ミニプラグ)
変換プラグ